トップページへ戻る トップページに戻る
アクティブプラス株式会社
アクション、コミュニケーション、チームワーク、イノベーション、ヴィジョン、エキサイトメント
コンセプトサービス会社概要・代表プロフィールお客様の声今月の言葉お問い合わせ
 
今月の言葉
安心感のリーダーシップ
 
 

2019年1月―新たな年がスタートし、早1ヶ月が過ぎました。
皆さま、素晴らしい“はじまりの月”となりましたでしょうか?

今年は“平成”が終わる年。
“昭和”から“平成”になった時もそうでしたが、
元号が変わると、時代も大きく変わる気分になるのが不思議です。
時代の渦に巻き込まれるのではなく、
自分自身で自らを大いに変容させる2019年にしたいですね。

さて、今月とても驚いた出来事は、
「プロテニスプレイヤー大阪なおみ・
全豪オープン初優勝・世界ランキング1位!!」です。

私はテニスを見るのもするのも好きなのですが、
大阪選手のこの快挙は、
本当にめちゃくちゃ凄いこと
(男女通じ、アジア全体で世界ランキング1位は初!)
なので、思わず「うおぉぉぉ!」と声を挙げて
興奮してしまいました。

そして職業柄、頭によぎったのは、
2017年末からコーチとなった
サーシャ・ベイジン氏の素晴らしさです。
彼が大阪選手のコーチになった後の成績は
驚異的な伸びを見せていて、
世界ランキングは68位→1位、
全米・全豪オープン優勝など
信じられないほど高い成果を上げています。

大阪選手のポテンシャルと技術の高さは当然として、
それを引き出したサーシャコーチの
指導・アプローチにも注目が集まりました。

大阪選手が厳しい状況に陥ったとき、
叱咤や鼓舞ではなく、
客観的に状況を伝えて落ち着かせ、
「なおみなら大丈夫、できるよ」と
何度も前向きな励ましのメッセージを
一貫して送り続けたそうです。

身体や技術面の向上以上に、
メンタル面で強さと深みを増したことが
今回の偉業をなし得た最大の要因だったようです。

どんなメッセージを一貫して届けているか
―互いのポテンシャルを引き出し、
大きな成果を獲得するために、
改めて自分の言動を見直したいと感じました。

さて、2019年1月のキーワードは、
実行力を高めるために大切にしたい考え方、
『安心感のリーダーシップ(あんしんかんのリーダーシップ)
をお送りします。  
                                                                                         
『 「安心感のリーダーシップ」―困難な問題や新しいチャレンジにも、
前向きに一歩踏み出そうという気持ちにさせてくれる、
温かなエネルギーのリーダーシップ。
リーダーシップとは、
実現したいビジョンを示し、
その方向へと周囲を導き、共に歩むこと。
そんなリーダーシップを発揮しようとする際、
私たちは「魅力的でワクワクするビジョンの設定」ばかりに
意識が向きがちだが、
実は「どのように周囲を巻き込むか、導くか」という働きかけの
スタイルも非常に重要であることを肝に銘じたい。

あるべき論と危機感を煽る、
強いプレッシャーからみなぎるパワーは生まれない。

感謝と敬意、信頼をベースにした働きかけこそ、
真の実行力を引き出すのだ』

皆さんご自身、そして共に働く仲間たちは
今、どんな気持ちで仕事に取り組んでいますか?


難易度の高い仕事や新しいことへチャレンジする際、
上司や同僚からどんなメッセージが送られているかで
行動の質やスピードは全く違ってきます。

「失敗は許されない、何としても結果を出せ」
「周囲の助けを当てにするな。自分の力で乗り越えろ」
「今が正念場」といった張り詰めた雰囲気の中で取り組むのと、
「失敗したとしても決して咎めない。あなたなら大丈夫。
思い切りチャレンジしよう」
「いつでも、何でも相談して欲しい。
組織全体で精一杯バックアップするよ」といった
安心感のあるエネルギーの中で活動するのでは、
どちらが柔軟な思考、軽快でパワフルな行動が
生まれ易いでしょうか。
私はどちらのパターンも経験しましたが、
間違いなく後者の方が行動も成果も高まりました。

新たなことへのチャレンジが重視される“変革の時代”であるからこそ、
安心感を育むリーダーシップ、
組織風土づくりが求められているのだと感じます。

『やる気とは、“安心感”の別名なのだと思います。
やる気がないときは、
この安心感が減ってしまっているとき。
安心感という貯金を増やしておけば、
常にやる気をもって仕事に取り組めるのではないでしょうか』

― 大橋 悦夫(日本・ビジネスコーチ、ブロガー、作家)

『人間は、たとえ相手が自分の一番関心のある目標に
導いてくれる指導者であっても、
自分の気持ちを理解してくれない者には、ついて行かない』

― エイブラハム・リンカーン(アメリカ・第16代大統領)

「安心感のリーダーシップ」―
新たな挑戦、困難への対峙には不安と恐れを伴うことが多い。
失敗への恐れ、何かを失ってしまう不安感、
できない自分と向き合うかもしれない恐怖。
それらに打ち勝ち、一歩踏み出すのに必要なこと、
それは「安心感」。
「あなたなら大丈夫」という励まし、
「いつでも力になる」という心からのメッセージ。

あなたが誰かと共に何かを成し得たいと思うなら、
「安心感」を育むリーダーシップを発揮したい。
恐怖や緊張、甘えや依存を助長するものではなく、
互いの力を信じて相互啓発し続ける関係性を。

周囲への働きかけを、メッセージを変えていこう。
軽快に、しなやかに動ける雰囲気をつくろう。
ありたい姿を実現するために、
私たちの大いなる成長と飛躍に向けて。

   
 
今月の言葉写真
 
今月の言葉

・2011年度バックナンバー

・2012年度バックナンバー

2013年度バックナンバー

・2014年度バックナンバー

・2015年度バックナンバー

・2016年度バックナンバー

2017.年度バックナンバー

2018年度バックナンバー

2019年1月

今月のA+ワード

 
 

 

   「安心感」を醸成するための3つの働きかけ


   

このページトップに戻る
 

Copyright(c) 2011-2017 ACTIVE PLUS Ltd. Co. All rights reserved.